SSブログ

世界初 木造人工衛星 [日常]

IMG_1225.jpg思わず、えっ?? となりそうだが、本当の話。
京都大学と住友林業が開発。
今年9月米ケネディ宇宙センターからスペースX社のロケットで打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)へ運ばれる見込みだそうだ。
木造人工衛星の名称は「LignoSat(リグノサット)」。
約10センチ四方、重さ約1キロの立方体。
ねじや接着剤を使わない「留形隠(とめがたかくし)蟻組接(ありくみつぎ)」という日本古来の伝統技法で組み立てたという。

ISSへ運ばれた後の今秋から約半年間、宇宙空間に放出される予定。激しい温度変化の中での木造構造のひずみを測定するなどし、厳しい宇宙環境での木材の特性を解明するとのこと。

通常、人工衛星はミッションが終了すると、爆薬で爆破するか、大気圏へ突入させて焼失させることになるが、アルミ製だと酸化アルミニウムの粒子が発生し地球環境に悪影響を与える。
木造だと大気圏突入時に燃え尽きて有害物質は発生せず環境に優しい。
将来的には、内蔵させる電子回路の基盤も木製にする予定らしい。

理にかなった流れのように感じる。
この新しい概念の人工衛星の成功を期待する。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント